国指定名勝「盛美園」

〒036-0242 青森県平川市猿賀石林1
TEL.0172-57-2020
冬期営業の電話連絡はもてなしロマン館まで English

庭園

庭園

明治時代の三大庭園のひとつ
日本を代表する武学流式庭園

盛美園は、武学流の神髄を示したものといわれ、
我が国における明治時代三名園の一つに数えられています。

武学流の起りは、江戸時代初期、都落ちしてきた公卿が京都風の仏教文化に
地方的な古神道文化を取り入れてつくった事が始まりといわれています。

盛美園は、清藤家24代盛美が、小幡亭樹宗匠を招き、
明治35年より9ヶ年を費やしてつくったもので、その広さは3600坪(1.2ヘクタール)あります。

庭園のつくりは、池を中心に「真」「行」「草」の三部から出来ています。
庭園の中央は池泉と枯池の二段とし、池泉には神仙島を浮かべその上に逢菜の松を植えています。
「真」を表す築山、「行」を示す築山をつくり、松・かえで・つつじ等を添えて趣きを豊かにしています。
「草」は平庭になっていて、天地創造の神々をつかさどったイチイの大刈込みが見事です。

洋館から一望しますと中央は開いて津軽の田園と遠くの山々を借景にした遠大な景観を眺めることが出来ます。

四季折々で景観が楽しめる、国指定名勝をぜひご覧においでください。

Pagetop