国指定名勝「盛美園」

〒036-0242 青森県平川市猿賀石林1
TEL.0172-57-2020
冬期営業の電話連絡はもてなしロマン館まで English

御宝殿

本尊金剛界大日如来象

本尊金剛界大日如来象

御宝殿は清藤家の位牌銅で、
二十五代辨吉により大正六年に造営され、
十畳敷の堂内は金箔に覆われています。
御宮殿は、重層入母屋造り唐破風の廟建築の様式で、
内陣には鎌倉幕府執権北条時頼の側室唐糸御前を祀り、
本尊には鎌倉時代(七百年前)の彫刻金剛界大日如来を安置しています。
両側の蒔絵は、河面冬山が生涯をかけてつくった大作で大正初期に完成しました。
時絵は三部五枚からなり豪華絢爛を極めています。
そのうち、さくらに孔雀の蒔絵は日本最大のもので、漆芸の最高峰のものといわれています。

金色燦然と輝く御宝殿

御宝殿御宝殿
御宝殿を飾る日本最大の蒔絵

高さ6尺
幅7尺(約180cm×210cm)の規模

これほどの大きさの蒔絵にひび、
割れもなく、残されているのは
非常に稀といわれています。

蒔絵

【観覧について】
保存のため、盛美園の入園時間内、30分ごとに1回約3分間のペースで公開しています。

Pagetop